忘れないように日本語の練習

英語圏へ軽いジャブ程度に語学留学するはずだったのです。気が付いたら海外で暮らして10年以上も経っていました・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカと日本のiPS細胞研究競争

先月、iPS(induced Pluripotent Stem cell)研究で、アメリカと日本で同時に素晴らしい論文が発表されました。この偉業に対して日本では京都大学をサポートする方向で、政府がやっと動き始めました。

僕は日本政府の対応の遅さにムカムカです。それはなぜかを書き殴ってみるというのが今回の試みですが、別にこのブログを政府の役人が読んだところで、研究に対する政府の姿勢が激変するはずがありません。つまり、今回は記事を書くだけ無駄、それはまるで自爆テロで、意気込んだ犯人だけが爆死するような空振り企画です。

最近のニュースによると、京都大の山中教授は現存の日本の研究体制では、アメリカに太刀打ちできず、技術特許で美味しいところ全てを吸い取られてしまうと懸念してます。事実、彼自身も日本の研究環境では満足に実験できないのでアメリカで研究していると聞きます。それでは、なぜ中山君がとても焦っているかを考えてみましょう。

ここで簡単に両国の比較をしてみましょうか。

アメリカ

政策:
カリフォルニア州Governor、シュワーツネガー氏が率いる州の研究機関the California Institute for Regenerative Medicine(CIRM)は1年間で約342億円をstem cell研究に投資して、10年間で技術を実用化及び知的財産化する。

研究費:
約3425億円(10年間:2005-2015)

頭脳:
アメリカで研究する世界中の有能な方々。

日本

政策:
次の5年間、日本の優れた研究者達を京都大学を拠点にして、技術の実用化に向けて研究と特許取得。

研究費:
約100億円(5年間:2007-2012年)

頭脳:
オールジャパンと言い張るくらいなので99.9%日本人でしょう。

僕の意見
さて、日本の問題点は:
(1)バイオ研究は知的所有権/特許が命です。西洋に比べると、日本は研究結果を迅速に特許化する基盤が確立していません。これはとてもヤバイです。良い研究成果を出しても、特許申請でモタつくなんて論外です。

(2)研究資金力が日本はアメリカに比べ、非常に乏しすぎます(日本はアメリカの約17分の1)。仮にアメリカと日本で同じ研究を行ったとしましょう。アメリカは170人の研究者を雇用し、日本は10人の研究者を雇います。1年後の研究成果はアメリカの方が上回るのは、保育園児にもわかるほど明らかです。成果は全て特許/知的財産になります。つまり、研究の成果をだすスピードが早ければ早いほど、研究競争に勝つ可能性が高くなります。

(3)アメリカでは有能な人材を世界中から確保し研究できるように環境が整備されています。それを反映して、京都大学と同時に研究論文を発表したWisconsin-Madison大学の研究リーダーはJunying Yu(たぶん中国系)、そのほかヨーロッパ系や韓国系の名前も論文に載ってます。それに比べ京都大の論文は全て日本人。ちなみに、日本の役人達は、研究機関の30%を外人研究者にするかしないかを議論しています。21世紀なのに彼らの意識レベルは江戸時代の鎖国政策からまだ卒業できていません。残念ながら、日本で日本人研究者を寄せ集めたとこで、世界中の卓越した頭脳が集まるアメリカに勝ち目はありません。

結論
日本の政策は、日本の優秀な研究者達の能力を活用しきれてません。このバイオ競争を戦争に例えると、アメリカは兵隊、武器、設備、軍資金をすでに用意して戦闘態勢にいる状態です。日本は今からやっと兵隊、武器、軍事設備を整え始める状態です。つまり、日本はこの競争する前から負けが決定しているのです。日本は負け戦を始める前に、アメリカとの共同研究で甘い汁を一緒に吸えるような戦略に方向転換するべきでしょう。さもなければ、税金から捻出される100億円の投資は無駄に終わります。 ハラグロい研究者達のパーティーや個人旅行の費用になるのがオチでしょう。5年後日本がアメリカにボロ負けした際に損害を被るのは血税を納める国民なのです。

日本人の知能が低下してる?

先日発表されたOECDの15歳対象の国際学力テストの科学活用力の結果です。生徒間競争がなく、日本より授業時間が少ないマッタリ教育のフィンランドが2003年に続き1位です。日本は前回2003年の2位から今回6位に落ちました。とうわけで、今回も僕の言いたいことをブチまけるだけの利己的爽快企画です。

日本のメディアは若者の学力低下を長年実施されている“ゆとり教育”のせいにして、政府の失策として叩いています。しかし、テストの結果から、フィンランドの教育レベルが日本より優れているのと“授業の時間数を増やせば学力が上がる”という質より量の方針は意味がないのはイクラちゃんにでも理解できます。

OECDテストって何?
OECDのPISAテストはOECD加盟国の15歳の生徒を対象に、読解力、数学的活用力、科学的活用力、問題解決を調査するものです。詳しくはOECDサイトを参照してください。(http://www.pisa.oecd.org/pages/0,3417,en_32252351_32236102_1_1_1_1_1,00.html)
さらっと科学活用力テストの例題を見たのですが、平均的な日本人には到底まともに答えれないであろうという問題でした。それはある事実や出来事に対して、科学知識を用いて論理的に説明するという方式だからです。

この類のテストには僕はイタイイタイ経験があります。まず、英語能力試験のIELTSです。ライティングの試験ではお題に対して、議論し意見を書くのです。僕は大学まで日本で教育を受けましたが、議論方法を習う機会がありませんでした。そのおかげで、意見を順序だてて書くという行為に地獄を見ました。その後のニュージーランドでの大学院でもこれで痛い目に遭いました。

日本教育の問題点
問題は日本が伝統的に実施している暗記力教育なのです。質問AにはBと答えるという点と点を結ぶだけの2次元的な頭脳運用能力こそが原因なのです。日本では暗記力=知能という偏見的な定義の基で幼小中高大で教育を受けます。対照的に英語圏では知識を用いた運用力を知能と定義して3次元的教育を受けます。簡単に言うと、日本教育“ドラえもん→のび太”と受動的に習うのに対し、英語圏教育は“なぜドラえもん→のび太なのか?魔法使いサリーちゃんではどうか?1000万パワーのバッファローマンの位置づけは?”となります。つまり、知識を用いて熟考し、意見を述べることを学びます。

残念なことに日本ではこの教育方法はまず定着しないでしょう。なぜなら、これは屁理屈、言い訳で片付けられる可能性が高いからです。年功序列の文化上、これは他人又は年上に対して敬意が足りない行為として扱われるでしょう。例えば、上手に理屈をこねる生徒に対して先生は“おまえの根性は曲がっている、気合が足りない。”と日本独特の精神論で一方的にねじ伏せるでしょう。また、“のび太のくせに生意気だ!!”という名言はまさに日本封建社会の象徴といえます。のび太がどんなに正当性や権利を主張してもジャイアンには理解できません。この文化的拘束力を取り除かない限り、教育レベル向上は望めないででしょう。現在の2次元的教育体制では明らかに世界の競争力に対抗できません。テスト参加国が毎回増えていく中、これからも、日本はOECDテストで確実に順位を落としていくでしょう。

さて結論です。 
一体何が言いたかったかというと、“高校生学力低下=ゆとり教育のせい”というメディアの短絡的な結論づけは、日本人全体的な知識応用能力不足を表しています。このテスト結果を表面上でしか判断できないメディア記者の方々は、日本文化にドップリと漬かりすぎて、彼ら自体が学力低下の一因であるという考えに到達できません。

この記事を今読んでいて、“わかったような事書きやがって、若造のくせに生意気だ!!”と感じている方は上記の通りジャイアン化しています。その態度を改めない限り、日本の教育に未来はないでしょう。

なぜ日本人男は英語圏でモテないんだ!?

日本人女性が英語圏で大人気なのは周知の事実です。メイドインジャパンのメスとして世界的に崇拝されブランド化していると言っても過言ではないでしょう。しかし、その逆に日本人男性は悲惨なほど英語圏でモテません。白人女性の方々とお友達以上な関係になるのは限りなく不可能です。我々アジア人男が白人女性から虫けらの様に扱われているのは一体なぜか?原因を真剣に生物学的及び主観的に考察してみようというヒモなしバンジージャンプ的なカミカゼアッタク企画です。

ここでモテナイ要因を科学的に検証しましょう。

1)外見がいけてない??
白人男性に比べ、背が低い、細い体、黒髪にノッペリとした顔で無表情。まず第一印象は最悪です。マイケルジャクソンのように整形しない限り変わる事ができません。英語圏の方々は日本人、韓国人、中国人、東南アジア人、インド人をひとまとめにして、訳のわからない言葉を話し、奇妙な食文化を持った人種“アジア人”として見ています。白人女性はアジア人に対して全く興味を示しません。それは例えば、スーパーで果物を選ぶ際に、本能的に形と色の良いものを優先的に選びます。売れ残るのは形がいびつだったり、変色しているモノです。その売れ残りが英語圏でのアジア人男に相当します。

2)会話がいけてない??
白人女性を惹きつけるには高度な英語力が必要です。TOEICのテストで英語能力を点数化する事に躍起になっているレベルではまるでオネショに悩む幼稚園児です。ジョークで相手を笑わせながら、自分の意見をサラッとなにげなく主張できるようなレベルの語学力が最低限必要です。それはテストでは測れない英語圏文化の知識と教養が要求されます。話し上手でなければ、誰も相手にしてくれないでしょう。日本独特の“男は黙っていれば良い”という教えは英語圏では通用しません。自分の意見がない頭脳不自由者として扱われるので注意しましょう。

3)アジア特有の男尊女卑概念がいけてない??
エレベーターやドア付近で周囲の女性よりも先に出入りするのはお約束のようにアジア人男です。また、“彼女には料理や掃除をして欲しい”、“妻は家で家事をするべきだ”などの何気ない日本的なコメントが、悪印象を与えます。日本では当たり前の行為が、周囲に不快感を与え、その結果、世間から畜生として扱われます。

4)英語圏社会に適応できない??
経験上、日本人男は日本文化の影響で閉鎖的で、英語圏での順応性が日本人女性に比べとても劣っているように思います。日本文化に執着すればするほど、英語圏では奇怪になりアジア人男=エイリアンとしてあしらわれます。環境に適応できない方々は“日本人会”というコミュニティーに参加し、異文化に適応できない隔離グループに属す傾向にあります。このように社会に溶け込む努力しない方々は社会から無視されます。もちろん白人女性がこのような輩に魅力を感じるはずがありません。

5)ステイタスがいけてない??
実は、これは関係ないと思います。男性にステイタスがあってもなくても英語圏白人女性はあまり気にしない傾向があります。回りの友人達はお金よりも人間性に惹かれるようで、男性の稼ぎが少なければ、女性がそれ以上に働いて補えば良いと言います。男女平等の社会ではお互いに助け合うのです。僕はこの点に関して白人女性はとても素晴らしいと感じます。学歴や収入が彼氏選びの必須条件になっている日本女性達は、物質主義の文化にドップリと漬かり人間として大切なものを完全に失っているでしょう。

ここで結論です。
我々日本人男は英語圏ではどうあがいてもモテない宿命です。努力するだけ時間の無駄です。もし、ヨーロッパのように様々な国の人間が自由に交際できるような環境に日本人男女がいるとするなら、大部分の日本人男は次の世代にDNAを残す事ができず、その結果、次の50年で自然淘汰されるでしょう。日本人は島国という孤立した環境で他の優れた人種とメスを争奪しなくてよい状況置かれています。この恵まれた条件に我々は感謝すべきです。

世界中の英語アクセントの評価

この11年間、英語圏で様々な人々に会って、色々な英語のアクセントを聞いてきました。そこで、その経験から僕の好みと偏見のみで英語のアクセントに対してランキングをつけるという、完全自己満足的でしかも全く役に立たない画期的な企画です。

1位:フレンチ英語
ヨーロッパの中で嫌われがちなフレンチですが、英語を喋らせると、とにかく素晴らしいです。まるでクラッシック音楽を聴いているような気分になります。とにかく、一緒に話をしていてとても心地よいです。英語圏の人々はフレンチ訛り英語が大好きです。

2位:スパニッシュ英語
一言でいうと可愛いアクセントです。子供がはしゃいでいるようなリズム感のあるアクセントで聞いていると和みます。 アントニオバンデラスやベネロペクルスが英語圏で人気のある秘密はアクセントだと思います。

3位:スコットランド弁
なんともいえない抑揚のあるアクセントが安心感をあたえます。英語圏の中で一番温かみを感じるアクセントです。

4位:イタリアン英語
かなりカッコいいです。まるで映画にでてくるマフィア達が話しているような危険なアクセントはとてもクールです。

5位:アイルランド弁
Rの発音が強いのですが、アメリカ弁とは違った独特な味を持ってます。なんか気持ちのいいほど訛っているのが爽快に感じます。日本人でこのアクセントで英語が話せたら、クラスの人気者間違いなしです。

6位:イギリス弁
007シリーズの影響でイギリス弁は英語圏でかなり地位が高いです。大きく分けて南イギリス弁と北イギリス弁があります。南弁は綺麗ですが、あまりにもソフトに聞こえて、ちょっとゲイっぽい気が僕にはします。北弁は抑揚のある暖かいアクセントです。ヨークシャ訛りはかなりクールです。全体的にこのアクセントでの英語はインテリに聞こえます。

7位: ニュージランド弁
キーウィー弁で“フィッシュアンチップス”(Fish and Chips)を発音すると他の英語圏の方には“ファッションチョップ”(Fashion and Chops)に聞こえます。確かに僕にもそう聞こえます。それだけ他の英語比べて母音がずれているのです。例えば、ミルク(Milk)はムルク(Mulk)、ヘア(Hair)はヒア(Here)、ダッド(Dad)はデッド(Dead)に聞こえます。

8位:イラニアン英語
イラン人が話す英語です。なんか抑揚があるのですが、その中に静寂さがある摩訶不思議なアクセントです。基本的に僕は気に入ってます。

9位: アフリカン英語
スワヒリやフランス語を母国語にしている方々なので、基本的にとても聞き取りやすい気持ちの良いアクセントです。人種的な特徴だと思いますが、皆とても良い声をしています。

10位:ロシアン英語
なんか深みがあるアクセントです。地球上の言語で一番複雑な子音と母音を持つロシア語なので、さすがに英語もとても独特な癖がかもし出されます。

11位:カナダ弁
基本的にはアメリカ弁に似ています。でも、アメリカ弁よりもマイルドで、聞きやすいです。ニュージーランド人やオーストラリア人に人気があるアクセントです。

12位:インディアン英語
なぜそこまでして速く喋るのか?早送りしたようなスピードで繰り出される英語のアクセントは凄まじいです。超早口でペロペロって言われて、“は・・?、今なんて言った?”と僕はよく聞き返します。しかし、アジア圏のなかでインド人が一番英語がシッカリと話せる人種だと思います。

13位:タイ英語
律儀な方々で英語でも誠実さが伝わってくるようなアクセントです。タイ語のトーンが交じってアクセントは中国語訛りとはまた一味違うのです。

14位:フィニッシュ英語
フィンランド人が話す英語です。ドクタースランプ、アラレチャンのガッちゃんが英語を話しているような感じです。なんとも気が抜けるアクセントです。

15位:広東語英語
7トーンを操る広東語からくりだされる英語のアクセントは北京語アクセントとは全く違います。喉の奥でこもるような音ではなす英語はアジアチックで親しみやすい雰囲気をかもし出します。

16位:コリアン英語とジャパニーズ英語
韓国と日本をひっくるめてみました。とうのは世界中のアクセントと比較すると両国の英語は非常によく似ています。 僕の周りの友人達がそろって言う韓国&日本語アクセントに対するコメントは“彼ら英語を話しているつもりだろうけど、何を言っているのか全くわからない。”です。確かに、旧日本人である僕が、日本人英語を聞いても“これでは誰にも通じないな”とよく納得するほどです。アジア圏内で一番英語がヘタクソなのが韓国人と日本人です。

17位:オーストラリア弁
オージー・・・。確か英語圏内で一番ユックリ喋るのがオーストラリア人です。英語自体は聞きやすいのですが、訳のわからんスラングが多いです。会話のセンテンスごとに”…mate!”となるのが特徴です。親しみやすい英語ですが、お世辞でも良いアクセントとは言えません。

18位:シンガポール弁
英語ネイティブの方々ですが、英語はもろに中国語の強い影響を受けてます。僕にはアクセントがとてもキツイ感じがします。ちょっと不愉快です。

19位:サウスアフリカ弁
おや??と思うようなアクセントです。サウスアフリカではアフリカンも話すのでその影響とあやしいヨーロッパアクセントが混ざっているので、“この人たちは本当にネイティブの英語話者か?”と疑います。

20位;ダッチ英語
変です。“なにかが間違っている”というアクセントです。オランダでは誰もが英語を不自由なく話すと言われています。しかし、どこかネジが一本抜けいているようなアクセントがとても気になります。

21位:アメリカ弁
はー・・・このアクセントには困りました。これはまるで日本の脳タリンな女子高生が話すようなアクセントです。ハッキリ言って、どんなに優秀な人でもアメリカ弁で話すとアホに聞こえます。99.9%の日本の英語学習者はアメリカ弁に憧れているでしょう。もし、実際にあなたがアメリカ弁で話せたなら、合衆国以外の英語圏でのあなたの印象はとても悪いです。

22位:北京語英語
やかましいというのが印象です。中国語のアップダウンが英語にミックスされ、なんともいえない不快感を人に与えます。ストレスが溜まります。鬱な時に聞くと益々憂鬱になります。

最下位:ジャーマン英語
“お前、喧嘩売ってるのか?”というアクセントです。最低です。できれば、このアクセントは極力聞きたくないです。とにかく耳障りで、不愉快です。まさにターミーネーターが話す英語そのままです。頼むから黙っていてくれ・・・

TOEIC, TOEFL, IELTSと日本人

日本は戦後のアメリカナイゼーションで急激にアメリカ化しました。残念なことに、ハリウッド映画の強い影響で、英語(特にアメリカ英語)を話すことがとてもカッコいいと日本国民は完全に洗脳させられている状態です。そして、英語能力を試験を使って点数化させ、他人と比較し優越を競うという排他的な行為が日常的に行われています。それはまるで、ドラゴンボールにでてくるスカウターでそれぞれの戦闘能力を測って、競い合うようなものです。

TOEIC, TOEFL, IELTSの試験は個人の英語力を測る目的で受けるものであり、いかに効率的に高得点を取るかに焦点を置いた勉強法では、テスト用の死んだ英語を学習するだけで、言語習得に結びつきません。TOEIC, TOEFL, IELTSに関するウェブサイト(http://thelinguist.lingq.com/en/en/library/item/20614/)でも点数稼ぎの為の受験はお金と時間の無駄と一言で片付けています。見せかけの英語能力のみを追求している方は、そろそろ語学の目的とは一体何かを考えるべきでしょう。

さてここでは、テスト別に僕の勝手な意見をまとめてみました。

TOEIC
読み、聞きを選択肢で答える方式でなぜか話し、書き能力までもが測れるという全く説得力に欠ける意味不明なテストです。文化的に話し書きが不得意な日本人に有利だといわれるこのテストは本当に日本人に有利に働いているのでしょうか? ここで2004年の結果を見てみました。(http://www.pro-match.com/toeic/TOEICWorldwideReport2004.pdf)
5ページにある“地域別の平均点”の図を見ると、日本が読みと聞きでダントツのビリです。
6ページにある国別のランキングでは聞きで23位中の21位、読みで23位中の22位で、TOEICが日本人に有利だという噂は嘘だということがハッキリと判ります。面白いことに、日本人と韓国人が異常に受験者が多いのです。ここから、日本人と韓国人のみに超人気な英語試験だというのは明白です。

TOEFL
アメリカ系の留学には欠かせない英語試験です。 
世界的に実施されているTOEFLのデータによると、1999-2000年ではアジア諸国内で,日本は23位中21位です。22位はラオスでビリは北朝鮮です。
2002-2003年ではアジア諸国で,日本は23位中22位です。ビリは北朝鮮です。これが詳細です(http://www.dataranking.com/table.cgi?TP=ed03-1&LG=e&FL=&RG=4)
詳しくは以前書いた記事の“英語と日本人”を参照してください。

IELTS
日本では全く人気のないIELTSはイギリス、ニュージーランド、オーストラリア(イギリス系の英語圏)で実施されている英語不自由者に対する英語検定試験です。留学や永住権の申請時に絶対必要なテストです。話し、読み、書き、聞きの全ての技能をチェックするので受験者及び採点者に負担のかかるテストです。 このマニアックな試験は日本ではイギリス大使館か領事館で受けれると聞いております。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。