忘れないように日本語の練習

英語圏へ軽いジャブ程度に語学留学するはずだったのです。気が付いたら海外で暮らして10年以上も経っていました・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本での英会話って何?

NOVAが破綻しましたね。30万人がNOVAの受講生だというのをニュースで知りました。 
十数年前に僕が日本で大学生をしていた時に“駅前留学”とCMをしていたのを覚えてます。そして、友人がNOVAに通い始め、受講料や入校費等でかなりの出費で大変そうだったのをフト思い出しました。

しかし、なぜ30万人もの人間が英語での会話ごときに翻弄されるのでしょう?“英語が話せる事は素晴らしい事だ”という英語学校のビジネス戦略にまんまと洗脳されているのではないでしょうか?日本人が英会話という行為自体を崇拝し、英会話自体がステイタスになり、これを獲得したいだけのように感じられます。

ここで冷静に日本での語学ビジネスの状況を考察してみましょう。
週に2-3時間程度の駅前学習で新しい言語が使いこなせるようになるなら、小中高大で受ける英語教育で日本人のほとんどが英語をマスターし、英語圏で活躍しているはずです。つまり、とっくにこの30万人の生徒はNOVAを卒業しているはずです。逆を返せば、週に2-3時間の語学訓練では英語が話せるようにならないから、生徒を長期間在籍させることができます、その結果、カモから金を巻き上げ、ビジネスが成り立ちます。
英語圏でWaterや Toiletなどが通じなかった超幼稚レベルから11年間かけて苦労して英語力を身につけた僕からすると、明らかに駅前留学ごときでは第二言語の習得は不可能です。

英語は単に言語で人間の意思伝達道具に過ぎません。それ以上の役割は持っていません。もう少し捻って言うと、日本語と異なるサウンドが口から発せられるだけで、意思を伝えるという効果に日本語と英語の違いはありません。英語で意思の疎通ができるという事は別に知識やIQが飛躍的に増加した結果ではありません。それは、英語圏で育った3歳の子でも出来ることです。言語を食器に例えると、今日の晩御飯をスプーンで食べるか、又はフォークで食べるか程度の違いしかなく、そこから得られる結果は同じなのです。つまり、道具はただの道具なのです。 

道具=英会話力の獲得のみに執着し過ぎている方々は、語学の本質を見逃している気がします。それは、いかに文法のミスをなくすかでもなく、ネイティブ的にナチュラルに発音するかでもありません。コミュニケーションで大切なのは、情報や知識をいかに道具=言語を駆使して効率的に相手と交換できるかなのです。

さて、これを今ムカムカしながら読んでいて、英会話を日本島で習っている方へ---> 日本での英語学習は時間の無駄です。楽して言語を学ぼうなんて考えが甘すぎます。即, 退会してワーホリで1年英語圏に行きましょう。
スポンサーサイト

コメント

ま、その通りだね・・・

まいど。
NOVAね~。マスコミ出ずっぱりだった猿橋社長。
雲隠れしましたね。

これからどうするんだろうね。

比内地鶏の偽装社長は、4日間さまよって「死に切れず」会社に戻ってきたそうだが、NOVA社長はどうなるんだろう・・・

しっかし、この社長も知っていただろうね。
日本の英会話学校では、英語が出来るようにならないってね。

  • 2007/10/28(日) 19:23:24 |
  • URL |
  • kazoo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://forgettingjapanese.blog118.fc2.com/tb.php/9-c6304932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。