忘れないように日本語の練習

英語圏へ軽いジャブ程度に語学留学するはずだったのです。気が付いたら海外で暮らして10年以上も経っていました・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の教育と学歴ブランドの謎

海外で長年暮らすと住んだ国と日本を比べることにより、日本の長所短所が見えてきます。 教育に関してニュージーランド、オーストラリアと日本を比較すると、どうしても異常な学歴ブランド志向の日本に疑問を感じます。そこで今回は日本の入試や受験がいかに人生において無駄な行為かを綴る反日本社会的企画です。

暗記能力のみによる学力テストと入試試験であなたの人間価値を偏差値で計測し、中学、高校、大学、就職を全てコントロールします。一流ブランド大学に入れなければ、短大からのコンパのお誘いもなく、女の子からも相手にされず、惨めな大学生活を送るのは保障つきです。卒業後は一流ブランド会社に就職する資格がなく、人生の敗者として一生過ごすことになります。全ては小学校から始まる暗記力=学力=偏差値=人間的価値が日本における人生を左右します。
このような社会に疑問を感じたことはありませんか?日本社会で不愉快に感じるあなたは、人間として正常です。そうです、現代の日本の社会構成は完全にイカれています。

先日、電話で親と会話をしていると、甥が慶応幼稚園を受験すると聞きました。すかさず、僕は“それは時間と費用の無駄です。”と返答しました。たぶん、うちの親は“こいつキチガイ。“と思っただけでしょう。では、僕のコメントはただのイカレポンチかどうかを科学的に検証してみましょう。

科学的検証1
日本の学歴ブランド志向がいかに排他的行為かを示すのによい例があります。
それは、日本とフィンランドの比較です。フィンランドは常にOECDの国際学力テストでトップです。ラッキーなことに僕の研究室内外にはフィンランド人が3人います。確かに彼らの知能は一味違います。彼らに話を聞くとフィンランドでは学力テストや入試試験などの日本にあるような教育観念がありません。ただ、社会に出たときに役に立つ実用的な知識や語学をミッチリと習得するようです。
例えば、高校の交換留学で誰もが自由に海外の高校に行けるような制度があり、海外で就学や就職できるレベルの語学力を学校で教わるのです。
日本で海外に出て直ぐ勉強や働けるほどの語学力を習得できる高校や大学があるでしょうか?この点からしても日本の受験用詰め込み式教育制度が遥かに劣っているのがわかります。

科学的検証2
僕が最近の教育関連ニュースで一番狂っていると感じるのは、劣悪な教育システムで教育を受けている小学生の学力を計る全国テストです。学力を日本の教育制度下の小学生達で比較しても根本的な教育システムの発展にはつながりません。劣っている集団内で優劣を決めても、集団のレベルを底上げすることは不可能です。

どっかの自治体が“競争を招くからテスト結果を公表しない。”などの的外れな議論が繰り広げられてます。僕はこのテストに関して危機感を感じるのは、誰もこのテストの存在自体に意味があるのかを疑問視しない事です。無能な大人達の政治と言い訳に巻き込まれて被害を受けているのは、何も知らずにテストを受けている小学生達なのです。ここで問題なのは、低レベルな教育を受けた大人が低レベルな教育を子供に押し付けるので、低レベルな教育レベルから抜け出すことが出来ません。
以上から、日本は教育の悪化が日常化し、社会に悪循環が定着し、それが当たり前になっている末期ガン状態だと診断します。

結論
商品化し空洞化した日本の学歴は、日本の外に一歩出ると全く役に立ちません。一流ブランド幼稚園、小学校、中学校、高校、大学に入学する事が成功の鍵だという信念は、裏を返すと、中身が空っぽなのでそれを隠す為に外見だけを良く見せたいという屈折した欲望の表れです。勉強は自己能力を高める為にするものです。学歴や学位をブランドの服のように身につける行為に本来の教育的な意義はありません。

ダイヤモンドに価値があるのは希少だからです。つまり、他人にはない自分だけの能力を身に着ける事が本当の人間的価値を生みます。さて、ここで恒例のむごい質問です。苦手をなくし平均的な知識を教わる日本の教育制度で他人と同じ平均的な大人になった時、あなたに本当の人間的価値が備わってますか? 

スポンサーサイト

人種差別ガイド(ニュージーランド編)

海外留学、移住のサイトは腐るほどありますが、それに関する問題点を載せるサイトはまずありません。つまり、事前に留学、移住先のデメリットを知ることはまず不可能です。そこで今回は、ブログの読者の方からの要望に答え、禁じ手を使うことにしました。というのは、以前持っていたサイトで、ニュージーの人種差別に関する情報を載せたところ、NZキチガイの方から嫌がらせを受けました。

とうわけで、ここでハッキリ言いますが、もしあなたが10年間NZに暮らせば、あなたのNZに関する見解は僕と当然異なります。そして、このブログは僕の個人的な意見を書くサイトであり、これは僕がNZに住んだ10年間の経験をもとにした超主観的ガイドです。

社会のアジア人に対する嫌悪
NZにはマオリ族、アイランダー(サモア、フィジーの方々)が北島にいますが、国家と社会はNZ白人中心に構成されています。1990年以降、NZ(ニュージーランド)は多くのアジア系移民を受け入れました。特にリッチな韓国、中国人が大量に移住してきました。現在、NZ白人社会は急激に増えたアジア系移民を否定する傾向にあります。あからさまにアジア人に対する嫌悪を示すコメントや新聞記事が頻繁にでてきます。
(BBCやNew Zealand Heraldの記事です。参考にどうぞ。1) BBC August2003 http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/3192425.stm 2) New Zealand herald http://www.nzherald.co.nz/topic/story.cfm?c_id=231&objectid=10502032 )

NZには親日家が多いなどと書いてあるガイドブックを読んだことありませんか?
あれは科学的根拠のない全くの嘘です。現実はその反対です。NZ人達は日本を敵視している傾向にあります。それは捕鯨問題でNZのメディアは日本を海洋の犯罪者として取り上げているのが影響しています。日本での捕鯨は正義ですが、NZでは悪です。数年前、オークランドの大学理学部内に捕鯨に関する掲示板があり、日本をブッ叩く記事がビッシリと貼ってありました。そして、学部内の人々からよく文句やイヤミを言われたのを覚えています。ですから、あなたがNZに住むなら、NZ人達から精神的苦痛はもれなく受けます。

外人としてNZに住むということは、マイノリティーとして暮らすことです。それは日本で例えると在日韓国人のようです。3代も日本で暮らしているのに、日本人として認知されず、周りの住民からは一線を引かれ、就学、就職は困難、政府は見てみぬふり。これがまさにNZでのアナタの姿です。

留学、移住成功の方法
それは教養のある良い人が集まるコミュニティーに入れるかどうかで決まります。しかし残念なことに、必ずしも良い人々に出会えるとは限りません。でも、異文化に興味なし、理解しない人々の中に入って暮らすとなると生き地獄です。そこで、良いコミュニティーに入れる確立を最大限にあげる方法をここに記しました。

(1)南島よりも北島に住む
南にいくほど南極に近くなり、気候と人々の態度は冷たくなっていきます。南島は旅行で行くところで、絶対に留学、移住はお勧めしません。

なぜか日本人観光客に人気なChristchurchは、Skin headsと呼ばれる白人主義グループのアジトです。アジア人はよい標的になって襲撃されるのが有名です。ちなみに、Christchurchでは人種差別反対グループがたまに街中でデモをします。それと同時に白人主義グループが参加して、反人種差別反対のデモをします。
 
Nelsonで僕は、石や水風船を投げられ、無視され、汚い言葉やジェスチャーで挑発され、ケンカをふっかけられ、足を引っ掛けられ、車ではばよせされ、警察署で理由なく不当に扱われるなどを体験しました。Dunedinに家を購入した大学の友人は、隣人が白人主義で頻繁に嫌がらせを受けており、現在オーストラリアに移住予定。Invercargillで語学学校に通ったある友人は白人達に車で追っかけまわされ、他の町へ引越しました。

(2)田舎よりも都市部に住む   
教養がある人ほど他文化に対する寛容力がある傾向があります。高等教育を受けた方々は都市部で働いて暮らしています。日本のコンセプトで、”田舎の人は素朴でいい人だ”というのは、アナタが日本の田舎で日本人として日本語を使用し、日本国民として同等に扱われることを前提にしています。残念ながら、このコンセプトは海外では通用しません。

(3)お金持ち地域及びアジア人地域に住む
お金持ちの方々は通常、教養があり海外の文化に興味がある傾向があります(オークランドの地域でいえば、Remuera, Parnel)。それからお金持ちアジア系移民たちとお友達になるのは心強いです。特にアジア系の食材を手に入れるのにアジア人地域はいいです(オークランドではHowick:ちなみにNZ人達はHowick/ハウイック/ を中国人(Chinese)が沢山いるのでChowick/チョウイック/と馬鹿にして呼びます)。

(4)買い物や外食は白人と一緒にする
本屋やレストランで、白人の友人と一緒だとえらく態度が良いのに、一人で行ってみると適当にあしらわれるといった現象を多々経験しました。しかし、これは人種差別をモロに感じたい方には超お勧めの方法です。

(5)車で移動する
自家用車が安全です。歩くと様々なアジア人を毛嫌いする人々に出会います。真昼間のオークランドの街中で数人の白人が乗った車から、エアガンで狙われた事がありました。遠目では本物の拳銃か空気銃かどうかはわかりませんでした。その時の恐怖は言葉では表せません。

(6)週末の夜、街へ行かない
経験上、ネルソンとオークランドの金曜日と土曜日の夜は最悪です。ケンカや殺人に巻き込まれたくなければ、外出は避けましょう。オークランドでは、確かRed Dragonと呼ばれる中国系マフィアのグループがよく週末にAnzac Avenueで抗争をくりひろげてました。アパートの窓からよくビールを片手に見たものです。ちなみにマオリやアイランダーのマフィアグループBlack Powerというのも存在します。

(7)日本人コミュニティーに属す
これは応急処置的な対処です。長い目で見ると、NZ社会に溶け込むことが大切ですが、最初の1-2年は英語とNZの常識を身につけるのに大変です。その土地に詳しい日本人と仲良くなるのは、良いコミュニティーを見つける近道かもしれません。だた居心地がよくなってNZ社会から距離を置くのは問題です。

(8)差別を受けたら泣き寝入りせず、苦情のメールか手紙を書く
見下してくる相手には論理的にねじ伏せる必要があります。とはいっても直接的な暴力や暴言では解決しません。相手が会社や機関に属しているなら、相手の名前を覚えておいて、会社宛に苦情メールか手紙を送ります。僕はNelson警察とAucklandの不動産屋に理不尽な扱いを受けた時、この方法で戦いました。確か、Racial discrimination の機関がNZにあるはずです。そこにも通告できます。

(9)NZに住まない  
ここまで読んだ賢明な方なら、”そこまでしてNZに移住する必要があるのか?”という素朴な疑問に直面するでしょう。その通り、NZにそこまでして住む必要はありません。英語圏の留学及び移住ならイギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリアの選択肢があります。

僕の意見
日本では海外留学、移住の利点ばかりが強調されがちですが、いったん日本を出ると色々な厄介なことに直面します。海外に住むといかに自分が日本の保護された平和な環境で過ごしたかを実感します。海外移住は得るものも大きいですが、失うものの大きいです。それはまるで人生をリセットして1からやりなおすような感じです。それに耐え切れず帰国する日本人は沢山いると聞きます。しかし、ちょっとしたコツを知っていれば、困難な状況を最小限に抑え、楽しい海外生活を送ることが可能です。

僕は個人的にオーストラリアが気に入っています。NZのオークランドでは週に一回は人種差別的な事が起こり不快になりましたが、シドニーはそれが全くありません。シドニーに2年半住んでいますが、メトロポリタンでアジア、イギリス、ヨーロッパが程よく交雑した多文化で居心地がいいです。イギリスは学会で2週間ほど今年行ったのですが、スコットランドは最高でした。アジア人が全くいませんが、スコティシュの人々はとてもフレンドリーで、僕を見ると興味深そうにトイレの中でも話しかけてきました。一方、ロンドンは東京みたいであまり魅力を感じませんでした。ちなみに、日本人に超人気のアメリカとカナダですが、一体何が良いのか僕には理解できません。

東京沈没なんてどうでしょう?

将来、東京が海中都市になるなんて知ってますか?
なぜって地球温暖化で海面が上昇するからです。しかし、この事実を一体何人の人間がまともに受け止めて考えるでしょうか?自分が生きている間に起こる天災ではないので、自分には関係ないと思った方、この記事を読んでみた後、もう一度考えてください。この地球問題に比べれば、あなたが抱えている人間関係、仕事、学業の悩みがいかにミミッチイかがわかるでしょう。

ここでオンライン百科事典ブリタニカの情報を記してみました。
水は熱を逃がすのに時間がかかる性質があります。そのため、現在まで蓄積されたCO2ガスによる影響で海の温度はこれから数世紀の間ずっと上昇し続けます。2100年までに海水の熱による膨張度と氷河が溶けることで、地球上の海面が0.21-0.48メートル上昇すると予想されてます。

しかし、実際の海面上昇はもっとヤバイのです。というのはグリーンランドと南極西部の氷河が物凄い勢いで溶けると予想されているからです。

大昔の気象研究データによると、もうあと2度気温が上昇すると、グリーンランドの氷河は完全に溶け、その水が海面を5-6メートル押し上げます。この海面上昇により、海抜の低い都市や島が水没します。水没する国は、アメリカ沿岸部、大部分のオランダとベルギー、バングラディッシュ、大都市では、東京、ニューヨーク、ボンベイ、上海、ダカーなどです。

それに加えて、南極西部の氷河が溶けると、海面は10.5メートルにまで上昇します。現在の計算モデルによると、このような激変が起こるのは約数百年かかると予想されています。しかし、氷の融解が加速する可能性があります。恐ろしいことに、これらの可能性は現在の予想計算モデルに含まれていません。可能性(1)縦ヒビが氷河に入ることによって、表面から溶けた水が下方の氷河に浸入して溶けるのを早めます。可能性(2)南極大陸の氷河は南極外側の氷河によって囲まれてます。もし、外側の氷河が壊れると、内陸の氷河は海に滑り落ちて溶けます。
(原文リンク:http://www.britannica.com/EBchecked/topic/235402/global-warming/274850/Ice-melt-and-sea-level-rise)


さて、どうでしょう??
一度氷河が溶け始めると、指数関数的に溶けるスピードが早くなっていくのです。それは現在の計算モデルでは予想できません。300年後に起きるはずの天災が、数年後の予想では“50年後に海水が10メートル上昇する”といった、楽しい事になる可能性があります。そうなれば、もう他人事ではすまされません。地下鉄に乗る際や地下街での食事には、ゴーグルと酸素ボンベが必要になる日もそう遠くないでしょう。

浸水シミュレーション
このサイト(http://flood.firetree.net/)ではグーグルマップをもとに地球上の海面上昇をシミュレートしてくれます。1)0.5メートル、2)6メートル、3)10.5メートルの順で沈み具合をチェックしてみてください。かなり趣きがあります。近い将来、自分や友人の家が沈没するかどうかワインを片手に確認するなんて素敵です。

海外脱出しとく?

我々は21世紀に生きています。
飛行機に乗れば世界中を1日でどこでも行ける時代です。しかし、どういうわけか日本人は、日本国内で単一の言語と文化で満足している傾向があります。それに比べ、台湾、香港、中国の連中はチャンスを求めてガムシャラに海外進出していきます。

僕は日本だけ生活に満足する方々に危機感を感じます。それはなぜかを日本の社会問題を挙げて、いかに日本が住み難いかを記すのが今回の試みです。そうです、今回はワーホリ及び永住を目的にした海外脱出を促す宗教的洗脳企画です。

経済の衰退、ワーキングプア、少子化、人口高齢化に絡む福祉及び年金問題、終わることのない政治家と官僚達の癒着と汚職。そして、地球上でイチバン高齢化が進んでいる日本。どう考えても、日本に明るい未来はありません。そうです、日本は物質文明の最盛期が終わり、減退期に突入しました。生物学的にいうと、恐竜のように繁栄すると必ず絶滅するのです。

1980年代、僕が小学生の頃、社会の時間で年金制度が将来不安定になると習いました。それは人口の高齢化で現存のシステムでは対応できないとの事でした。そして20年以上経った現在、制度は改善されず存続しています。

BBCニュースによると日本は2025年には納税者が2.1人で一人の老人を賄うのです(http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/7101663.stm)。これは現実的に不可能です。つまり、現在の年金制度は近い将来崩壊するのは小学生にでも分ります。しかし、過去20年以上変わらない年金制度を、日本政府は次の20年で劇的に改正できるでしょうか?
僕は、制度改正は無理だと確信しています。

それはなぜかというと:

(1)日本人は現時点で存在するモノを進化させる事に長けていますが、無から何かを創造する行為をとても苦手とします。日本は世界的に前例がない高齢化社会に突入しています。そのため、海外諸国の福祉制度を真似することができません。でも、新しい制度を作ることもできません。それを証明するように、年金制度は過去20年間何も根本的に変わっていません。

(2)これを読んでいるアナタ、現在の年金制度を誰かがなんとかしてくれるだろうと思ってませんか?
日本に生息する平和ボケした大多数の人間はアナタと同じように考えているでしょう。さて、では一体誰がこの問題を解決するのでしょう?政治家達もアナタと同じ日本島人です。“年金制度問題は先送りして、次の世代に任せましょう。”と考えるのは当然です。

加えて、年功序列社会のもとで高齢者たちが権力と金で政治を動かします。20年後に生存していない可能性大な高齢者たちが、将来の年金制度をなんとかしてくれると考えるのはとても非現実的です。

結論
日本は“臭いものにフタ、見てみぬふり、他人任せ”の伝統があるかぎり、今の社会的悪循環から抜け出すことは不可能です。

さて、ここで本題に戻って、あなたに質問します。
将来、荒廃した日本で地獄の老後を過ごしますか?

そこまで日本に執着する必要がありますか?

そこまでして劣悪な環境に住む必要はありません。海外脱出がすべてを解決します。それはまさに、自分の親が嫌なら家出するのと同じです。日本が嫌なら国外に脱出すればいいのです。

現在, ワーホリで行ける国は沢山あります。行った国が気に入ったら、まず帰国する前に永住を考えましょう。一番簡単な永住権獲得方法は、現地の人間と結婚です。これは日本人女性の場合、とても簡単です。なぜなら、日本人女性は世界でモテモテでハッキリ言って無敵です。

残念ながら、日本人男性の場合、現地人との結婚は簡単ではありません(詳細はこのブログを参照:http://forgettingjapanese.blog118.fc2.com/blog-entry-12.html)。永住したい国が、オーストラリア及びニュージーランドなら技能永住権の獲得が可能です。時間とお金と学力と労力が必要ですが努力は報われます。あなたが永住権を取得したら、芋づる式にあなたの家族も永住権を申請できます。これで一家全員が海外脱出可能です。

みなさん、日本という閉ざされた環境を捨てて、とっとと海外へ移住しましょう。

捕鯨と地球人としてのマナー

またもやクジラネタで攻めてみようと思います。英語のニュースや日本のブログなどを最近見ていて、ちょっとだけグツグツきているので、ぶち切れてスーパーサイヤ人になる前に、ここでちょっとだけ小出しに出しておくという便秘気味企画です。

グリーンピースの人質問題があって一次休止していた日本船は最近捕鯨を南極海で再開しました。日本は法的な正当性を盾にして捕鯨を続けていますが、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドはなんとか捕鯨を禁止しようと躍起になっています。グリーンピースの妨害行為は、外交で捕鯨を禁止できない西側のフラストレーションの表れでしょう。

さらっと日本語ブログ(http://www.blog-headline.jp/themes/0006/000058/)を見ると、保守的な捕鯨賛成の意見が多数です。具体的にどうやって大多数の反捕鯨の国々をまるく治めるかを考えている方はいないようです。ていうか、現実的な地球規模の解決策を語っているブログはみあたりません。自国の主張と他国の批判をするだけなら金と権力のみを追及する無能な政治家と外交官にでもできます。なかには日本の捕鯨の正当性を難しく捻った日本語でダラダラと記しているブログもあります。残念ながら、言葉はコミュニケーションの為に存在します。いくら難しい言葉で表現しても、読む人に情報が伝達できなければ意味がありません。

ここでハッキリと言っておきたいのは、捕鯨が良いか悪いかというレベルの論議はなんの問題解決に結びつきません。というのは、多様な文化が存在する地球において、日本の食文化を守ることがいかに大切かを、日本文化の視点から議論するのは、全く意味がありません。なぜって、日本文化を知らない異文化の方々には日本食文化の重要性が見えません。

ここで世界と日本のクジラ関係を簡単に例えてみましょうか
10人の人間がエレベーターに長時間閉じ込められたとしましょう。そのうち一人がどうしてもタバコを吸いたくなります。残りの9人は密室でのタバコの吸引に反対します。でも反対を無視して一人はタバコを吸います。一服している彼はそのうち9人から非難されリンチをうけるでしょう。もしこれが逆に、9人が喫煙して一人が非喫煙なら、この9人はボコボコにされません。それはなぜかというと多数決で物事が進むからです。ここでのエレベーター内の密室は地球です。

何が言いたいかというと、地球という限られた環境に多様な人間が共同生活してます。多数の欧米諸国が捕鯨に反対している状態で、日本が自国の意向を通そうとしているのは、まさに多数を無視して一人だけ密室でタバコを吸い続けることなのです。これは多数決ルールに違反しています。

結論
日本は民主主義国家です。多数決ルールで国会が動き、政府が運営されています。国内ではマジョリティーの世論を聞き入れるが、国外では捕鯨に関してメイジャーな意見を無視するという“俺のものは俺のもの、お前のものも俺のもの”態度が現在の日本捕鯨批判状況を生み出しています。“俺の文化が一番スキ”という稚拙な意見は地球規模に考えると成立しません。日本も地球人として惑星の環境を共有している以上、世界の大部分を占める反捕鯨の意見を受け入れるべきです。これが捕鯨禁止だとしても、それを受け入れることが地球のエコシステムに属す生物の一員としての最低限のマナーです。時代は21世紀です。日本国民はそろそろ狭い井戸から抜け出して、広い大海を知る時期に来ているでしょう。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。